2016年06月30日

Windows強制更新の流れはこんな所にもやって来た

 王様じゃ。
 身に覚えの無い怪しげなアプリケーションが起動した。

 先ほどパソコンを立ち上げた際の出来事じゃ。デスクトップ画面が表示されてから程無くして『Windows 10 更新アシスタント』なるウィンドウが表示された。『Windows 10 の最新バージョンへの更新』という表題で、右下には『今すぐ更新』というボタン、左下には『今は更新しない』というテキストリンクが在る。そして右上の×印はグレーアウトして居って押せない。
 ふと気になって設定〜システム〜バージョン情報を確認すると、このパソコンには未だWindows 10のバージョン1511が入っていないようじゃった。恐らくそれでこのウィンドウが表示されたのじゃろうな、と思いつつ説明文の末尾に存在する『詳細情報』というテキストリンクをクリックした。

 10 の Windows 更新プログラムのアシスタント、という極めて怪しい機械翻訳のページが表示された。サイトアドレスがsupport.microsoft.comなので辛うじて怪しくないのだろうと判別は可能じゃが、いきなりこのページを見せられた一般人は「ウィルスに感染した!」と思い込むやも知れぬ。天下のMicrosoft様とも思えぬ仕事ぶりじゃ。

 取り敢えずワシはこの現象を放置してみる事にする。即ち件のウィンドウが表示されても何のボタンもリンクも押さず、他のウィンドウの背面に追い遣る。幸いにしてこのウィンドウはモーダル表示では無いので、今の所はこれで遣り過ごせる。はてさて今後どうなるか。
posted by 宮田宗浩 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/ネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175884448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック