2016年06月28日

オフィスビル焼き鮭ストーリー

 王様じゃ。
 焼き鮭と言えば朝食のおかずか弁当のおかずか握り飯の具じゃ。

 その焼き鮭を今日ワシは思いも寄らない場所で見掛けた。何処あろうそこは朝のオフィスビル、その階段の踊り場じゃ。
 この階段はセキュリティカードをかざさねば入れぬ扉の奥に存在するので、誰かが公園のベンチ代わりに利用してお昼の握り飯をパク付くような事は考え難い。これがお昼過ぎの時間帯であれば、どこかのオフィスに勤務する誰かが自分の席でのんびり握り飯を食べられるような状況では無いが故にこの階段まで避難してきたと考えられなくも無いが、先ほども書いた通り今は朝なのじゃ。昨日の残りの焼き鮭を包んで朝早くオフィスビルまで持って来てひっそり階段で朝食、というストーリーには大分無理が有る。まず果たして夕食に焼き鮭を食するじゃろうか。

 このように、知って居る場所で知って居るモノを見掛けても、その取り合わせを見た事が無かった場合には虚を衝かれる。それなりの年月の人生を歩んで居っても、まだまだ知らない取り合わせは存在する。きっとその順列組み合わせは無限大なのじゃろうな。
posted by 宮田宗浩 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 王某日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175860158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック